HOTForexとXMを最大レバレッジやスプレッドなどの項目で比較してみた

今回は自分が大好きなHOTForexと国内人気No.1であるXMを徹底比較してみようということで、比較しちゃいました。

実はXMも使っていた時期があったんですけど、今ではHOTForexがメイン。

あれからしばらくXMを注意深く見てなかったので、久しぶりにXMを見たついでに今HOTForexと比べてどうなのかフラットに見ていこうかと。

最大レバレッジ

最大レバレッジで比較

まず、HOTForexとXMの両社を最大レバレッジで比較してみよう。

項目 HOTForex XM
マイクロ口座 プレミアム口座
ZERO口座
マイクロ口座
スタンダード口座
XM Zero口座
最大レバレッジ 1000倍 500倍 888倍 500倍
最小ロット数 0.01ロット(1,000通貨) 0.01ロット(1,000通貨)※ 0.01ロット(1,000通貨)
最低入金額 $5 【プレミアム口座】
$100
【ZERO口座】
$200
$5 $100

※…MT5の場合は0.1ロット(100通貨)

最大レバレッジで比較すると、HOTForexのマイクロ口座1000倍に対し、XMのマイクロ・スタンダード両口座が888倍

HOTForexのレバレッジ 1000倍はトップクラスの倍率ですが、XMの888倍も非常に高倍率。

大西仁
その他の口座ではともに500倍ということで、同じだ。

 

ここで、取引における最小ロット数や口座への最低入金額をみると、両社はほぼ拮抗といったところ。

しかし中でも「XMマイクロ口座の最小ロット数10通貨(MT4)、レバレッジ888倍」が突出して資金効率が良く、計算上は2円程度の証拠金があればドル円の取引ができることになるが、最低入金額が5ドルのため口座には最低限この額が必要。

大西仁
計算式は、

(為替レート1ドル)106円×(最小取引単位数)10通貨÷(最大レバレッジ)888倍

なので、1.19円になるなあ。

 

最大レバレッジではHOTForexの1000倍の方が高いとはいえ、マイクロ口座だけの適用というのがネック。

一方のXMでは、888倍の倍率がマイクロ・スタンダード両口座に適用されることから、全体的にみて両社ほぼ互角くらいかなと。

スプレッド

スプレッドで比較

次は、主要通貨ペアにおけるスプレッドで比較してみます。

項目 HOTForex XM
マイクロ口座 プレミアム口座
ZERO口座※1
マイクロ口座
スタンダード口座
XM Zero口座※2
ドル/円 1.7 pips 0.2 pips
(0.8 pips)
1.6 pips 0.1 pips
(1.1 pips)
ユーロ/円 1.7 pips 0.8 pips
(1.4 pips)
2.5 pips 0.2 pips
(1.2 pips)
ポンド/円 3.0 pips 1.4 pips
(2.0 pips)
3.3 pips 0.9 pips
(1.9 pips)
豪ドル/円 2.3 pips 1.0 pips
(1.8 pips)
3.3 pips 1.2 pips
(2.2 pips)
ユーロ/ドル 1.2 pips 0.1 pips
(0.7 pips)
1.7 pips 0.1 pips
(1.1 pips)
ポンド/ドル 1.8 pips 0.4 pips
(1.0 pips)
2.9 pips 0.3 pips
(1.3 pips)

※1…()内は往復手数料6ドルを足した実質のスプレッド
※2…()内は往復手数料10ドルを足した実質のスプレッド

HOTForex、XM両社ともに複数の口座タイプがあり、スプレッドや取引手数料がそれぞれ異なる。

大西仁
薄い黄色になっているところが最も狭いスプレッドね。

通常の口座で比較

通常の口座というのは、HOTForexの「マイクロ口座とプレミアム口座」、XMの「マイクロ口座とスタンダード口座」のこと。

まず両社ともに取引手数料は無料。

スプレッドを単純に比較するとドル円だけXMの方が狭く、それ以外の通貨ペアはHOTForexの方が狭くなっているかなと。

全体的には、HOTForexのスプレッドの方が狭い傾向にありますね。

ZERO口座で比較

ZERO口座は、HOTForex、XM両社ともに取引手数料がかかります。なんで、取引にかかるコストを比較するには取引手数料をスプレッドに換算して加えた数値で比べましょう。

具体的には、XMには10ドル分に相当する「1pips」をスプレッドに上乗せ。

HOTForexは、6ドル分に相当する「0.6pips」を上乗せします。(※厳密にはメジャー通貨の手数料は6ドル、マイナー通貨は8ドルとなる)

大西仁
HOTForexの手数料は厳密にいうとメジャー通貨の手数料が6ドル、マイナー通貨が8ドルね。

 

スプレッド換算した数値(表のカッコ内)を比べると、ユーロ円およびポンド円はXMが狭く、それ以外の通貨ペアはHOTForexが狭くなっています。

やはりZERO口座で比較しても全体的には、HOTForexのスプレッドの方が狭い傾向にあるといってよいでしょう。

キャンペーン

キャンペーンで比較

お次はキャンペーンでの比較。

HOTForex、XM両社ともに豊富なボーナスキャンペーンを提供していることで有名。

なのでこのキャンペーンで比較してみます。

HOTForexのキャンペーン

HOTForexは、常時2つの豪華ボーナスキャンペーンを扱っています。

項目 100%スーパーチャージボーナス 100%クレジットボーナス
ボーナス金額 初回入金額の100% 初回入金額の100%
上限 5万ドル
(約530万円)
3万ドル
(約320万円)
キャッシュバック
(1Lotあたり2ドル)
×
ボーナスの出金 ×
(ボーナス額÷2lot以上の取引)
ボーナスの条件 初回入金のみ 上限まで何度でも可
対象口座 プレミアム口座 プレミアム口座
マイクロ口座

大西仁
30%レスキューボーナスは9月でもう新規利用停止になったんだって。

 

それぞれ見ていきましょう。

【100%スーパーチャージボーナス】

初回入金で5万ドルまで100%のボーナスが貰えるキャンペーン。

初回のみというのがネックだが、1Lotあたりの取引に応じて2ドルのキャッシュバックがあるのも嬉しいキャンペーン。

キャッシュバックはそのまま取引資産にするもよし、出金するもよしなので、使い勝手が良いですね。

 
【100%クレジットボーナス】

こちらは、100ドル以上の資金を口座に入金する度に、入金額に対し100%のボーナスが貰えるキャンペーン。

上限3万ドルに達するまでボーナスキャンペーンは有効なので、先述した100%ボーナスキャンペーンの入金額と限度額が異なるだけ。

ただ、条件は厳しいがボーナス分を出金できるのがこのボーナスの良いところ。

 
【30%レスキューボーナス】

こちらは9月で新規の利用を停止したそう。(僕も知らなかった笑)

チャットで尋ねましたが、なくなってる。

既に利用している方はそのまま継続でキャンペーンが発生するが、新規ではもう停止しているとのこと…。

XMのキャンペーン

XMのキャンペーン

一方のXMでは、次のキャンペーンを実施しています。

  1. 新規口座開設時ボーナス
  2. 新規に口座を開設すると、入金なしで30ドルの取引ボーナスが貰える。

  3. 入金時の100%ボーナス
  4. 入金時に、入金額に対して100%ボーナスが貰える。ボーナスの受取上限額は500ドル。

  5. 入金時の20%ボーナス
  6. 500ドルのボーナスを貰った後の入金に対して20%ボーナスが貰える。ボーナスの受取上限額は4,500ドル。
    これらのボーナスは出金できないが、ボーナスを元手に取引した利益分は出金可能。

  7. XMTRADINGロイヤルティプログラム
  8. トレードを行うと、現金に交換できるXMポイントが貰える。
    1ロットのトレードで10ポイントが貰えるステップからスタートし、一定のトレード期間を経るとステータスが上がって貰えるポイントが増える。

比較結果

HOTForexは入金額に制限があるものの、100%スーパーチャージボーナスで5万ドル、100%クレジットボーナスで3万ドルと高額。

ただ、XMのキャンペーンは条件にそこまで制約がないので気軽に受け取れるメリットがデカい。

大西仁
個人的にはXMのキャンペーンの方が直感的に受け取りやすいし、ややこしくなくていいと思ってしまうなあ。(笑)

 

取引ツール

取引ツールで比較

取引ツールについては、HOTForex、XM両社ともにMT4およびMT5(メタトレーダー4およびメタトレーダー5)を使うことができます。

MT4およびMT5(メタトレーダー4およびメタトレーダー5)

MT5は、従来からFX取引で最も多く愛用されてきたMT4の改良版で、以下の点が改善されている。

  1. エントリー、決済など動作スピードが改善された
  2. 表示できる時間足が、MT4の9種類から21種類に増加した
  3. 気配値・ナビゲーター表示が見やすく改善された
  4. 描画ツールが、MT4の31種類から44種類に増加した

 
このように、MT4より良くなった部分は多いものの、次のような課題も。

  1. MT4で使っていたカスタムインジケーター・EAが使えない
  2. MT5用のカスタムインジケーター・EAの種類がまだ少ない

取引ツールについては、HOTForexとXM両社ともにMT4とMT5の両方が使えるので、ユーザーの好みに応じて使い分けることができ便利かなと。

大西仁
ちなみにHOTForexとXM両社ともに、同一の口座でMT4とMT5両方のプラットフォームを使うことはできないよ。MT4とMT5どちらも使いたいなら、MT4口座およびMT5口座の両方を作らなきゃだめだ。

 

取引ツールでは、両社互角といえるでしょう。

金融ライセンスや安全性

金融ライセンスや安全性

次は、金融ライセンスや安全性の面から比較してみます。

HOTForexの金融ライセンスと安全性

HOTForex では、HFマーケットグループに所属する複数の法人が世界の各地域でその営業に必要な金融ライセンスを取得していて、日本人向けに営業している法人は、セントビンセント・グラナディーン金融庁(FSA)の金融ライセンス。

しかもHFマーケットグループ全体としては、イギリス金融行動監視機構(FCA)、キプロス証券取引委員会(CySEC)、ドバイ金融サービス機構(DFSA)などのライセンスを保有しているんです。

法人名称 金融ライセンス
HF Markets (SV) Ltd セントビンセント・グラナディーン金融庁(FSA)
HF Markets (DIFC) Ltd ドバイ金融サービス機構(DFSA)
HF Markets (UK) Ltd イギリス金融行動庁(FCA)
HF Markets (Europe) Ltd キプロス証券取引委員会(CySEC)
HF Markets Ltd モーリシャス共和国金融サービス委員会(FSC)
HF Markets SA (PTY) Ltd 南アフリカ共和国金融業界行為監督機構(FSCA)
HF Markets (Seychelles) Ltd セーシェル金融庁(FSA)

さらにHOTForexは、顧客資金は会社資金と分別し金融機関で管理も。

さらにさらに、HOTForexは事故や犯罪等により会社が債務を負った場合に備え、500万ユーロを上限とする民事賠償保険に加入しています。

大西仁
まあ500ユーロで本当に全トレーダー分を補填できるのかという疑問はあるが、ないよりマシね。

 

XMの金融ライセンスと安全性

XMの金融ライセンスと安全性

XMでは、日本人向け営業のためセーシェル金融庁(FSA)の金融ライセンスを取得している。

さらに、イギリス金融行動監視機構(FCA)、キプロス証券取引委員会(CySEC)、欧州金融市場令(MiFID)などのライセンスを保有しているとのこと。

XMでも、顧客資金は会社資金と区分して金融機関に分別管理をしています。

また、XMはAIGの保険にも加入し、会社が経営破綻して返済不能となった際は、AIG保険により最大100万ドルまで保障されることになっている。

参照:XM公式サイトより

大西仁
XMもライセンスや安全措置に関しては悪くないね。

評判で比較

評判で比較

最後は、ネット上の評判から両社を比較。

twitterの評判

HOTForex、XM両社にかかるtwitterの評判をざーっとみてみます。

HOTForexとXMともに懸念点はあるようで、HOTForexはやはり「円口座に未対応なこと」

XMは「スプレッドが広い」という評判が多かった。

ただ結論、XMからHOTForexに乗り変えようと考えているトレーダーが多いのもわかった。

大西仁
僕がXMをやめた大きな理由は、この「スプレッド」。スキャルもやるんで猶更だけど、まさに塵も積もれば山となる。

 

その他ネット上の評判

海外のFX業者口コミサイト「FPA(Forex Peace Army)」では、HOTForexが3.779、XMが3.172の評価で、HOTForexの方が上位になっています。

HOTForexが3.779

XMが3.172

他にも海外の大手ブローカー格付けサイト(forex-ratings.com)では、世界の海外FXブローカーランキングが発表されています。

HOTForexが6位なのに対して、XMは9位。

実のところ、XMがこんなに人気なのって日本だけ。

様々な評価項目があると思いますが、多くの海外ランキングサイトでHOTForexはかなり高い評価を受けている。

大西仁
実績としても8年目。日本に進出したのが遅かっただけで、信頼性は結構高めだよね。

 

HOTForexとXMの比較まとめ

HOTForexとXMの比較まとめ

色々比較してきたけど、まあ結果的に総合的にはHOTForexではないかなと。

何に比重を置くかにもよりますが、スキャルをやる方、手数料を気にする方などはHOTForexが向いている。

ボーナスでお得に始めたい方、日本において信頼性の高い業者でやりたい方はXMが向いているという結果になりそうです。

大西仁
両方試した結果、僕はHOTForexに移りましたがね!!(笑)