HOTForexのMT5のダウンロード方法や手順を完全解説!MT4との違いや特徴を比較

さて今回は、前回のMT4の紹介に引き続き、MT5の紹介をしていきま~す。

大西仁
MT4とMT5の違いについても比較してみたよ。

MT5とMT4の違いを比較

MT5とMT4の違いを比較

まずMT5とMT4の違いについておさらい。

ロシアのMeta Quort(メタクォーツ)社によって開発された「MT4」は2005年にリリース。

独自のカスタムインジケーターを自由に追加する、多彩な自動売買ソフト(EA)を稼働するなどが可能で、その機能性やカスタマイズ性の高さから世界中のトレーダーに支持されてきた。

これに対し「MT5」は、MT4の後継プラットフォームとして2010年にリリース。

様々な面で機能の向上が図られているが、依然としてMT4を使い続けるトレーダーも多く、その普及はこれからという段階にあります。

大西仁
EAとか自動売買だとまだMT4なんだよなあ~。
項目 MT5 MT4
動作スピード 速い やや遅い
時間足の種類 21種類 9種類
描画ツール 44種類 31種類
気配値・ナビゲーター わかりやすい ややわかりにくい
アップデートの頻度 多い ほとんどない
EAの種類・数 少ない 非常に多い
カスタムインジケーター 少ない 非常に多い
対応業者 一部のブローカー
(国内業者はゼロ)
多くのブローカー
(一部の国内業者も)
仮想通貨取引
ストラテジーテスター
ワンクリック注文
両建て注文
動作スピード
MT5は、パソコンのメモリ消費量が大きい分、MT4に比べると動作スピードが速くなっている。

トレードにおける、エントリーや決済などは、明らかにMT5の方が軽快に行うことができる。

時間足の種類
MT5では、表示できる時間足の種類が増えています。
表示できる時間足は、MT4では9種類であったのに対し、MT5では21種類も。

【MT5の時間足・21種類】

【MT4の時間足・9種類】

気配値・ナビゲーター
気配値表示では、MT5に「詳細」と「プライスボード」に切り替えるタブが新設された。

【MT5の気配値詳細】

【MT5のプライスボード】

MT5のプライスボードでは、高値・安値・スプレッド・スワップなどの情報を直感的に読み取ることができ、同時にトレードパネルとしてワンクリック売買もできる。

しかもMT5のナビゲーター表示は、MT4に比べて見やすくコンパクトにまとめることができるようになっている。

描画ツールの種類
ラインや矢印などの描画ツールはMT4が31種類だったのに対し、MT5は44種類に。
アップデートの頻度
MT5は、開発元のメタクォーツ社が普及に力を入れていて、アップデートが頻繁に実施されている。

これに対し、MT4ではアップデートがほとんどゼロ。しかも今は、メタクォーツ社のサイトからMT4をダウンロードすることができなくなっている状況。

EAの種類
MT4では、MT4専用に使えるEAが種類・数とも非常に多く公開されている。

一方のMT5は、MT5専用に使えるEAの種類や数は増えてきているが、MT4に比べるとまだ少ない。

MQL4で作られたMT4専用のEAはMT5上では稼働できず、MQL5で作成されたMT5専用のEAもMT4で使用することができない。

そのためMT5に切り替えず、依然としてMT4を使い続けているトレーダーが多いのが現状。

カスタムインジケーター
カスタムインジケーターは、MT5やMT4のユーザーが独自に開発・改造したインジケーター。

MT4向けのカスタムインジケーターは、非常に多くの種類が公開され出回っている。

一方、MT5用のカスタムインジケーターは、その種類や数が増えてきてはいるが、まだMT4に比べ少ない状況。

EAの場合と同様に、インジケーターも両者の互換性がないため、MT4用のインジケーターをそのままMT5で使うことはできない。

さて、それではHOTForexのMT5を見ていきます。

ダウンロード方法や特徴もまとめたんでチェケラです。

MT5 WebTerminal

MT5 WebTerminal

ではHOTForexのMT5取引ツールの中から、「MT5 WebTerminal」についてその特徴やメリット、ダウンロードの方法などをみていこう。

特徴やメリット

MT5 WebTerminalは、ユーザーが好みのブラウザで起動させ、ウェブ上でMT5を使うことができるツール

したがって、特別なソフトをダウンロードする必要がなく、手間がかかりません。

しかも稼働環境はすべてのブラウザに対応しているため、ユーザーが普段使っているブラウザのままでMT5を利用できます。

MT5 WebTerminalは、ダウンロード用のMT5デスクトップと同等の機能を持っています。

ダウンロード方法

HOTForexにログインした後、上段メニューから「プラットフォーム」を選択し、表示される枝メニューの中から「MT5ウェブターミナル」をクリック。

次の画面で、「MT5ターミナル起動」をクリックすれば、MT5 WebTerminalが起動します。

ログイン画面が表示されるので、ログインID、パスワードを入力し、サーバー名は、口座開設時に通知されたサーバー名を選択。

プラットフォームは、MT5を選択してログインすればOK。

MT5 iPhoneトレーダー

次は、「MT5 iPhoneトレーダー」の特徴やメリット、ダウンロードの方法について。

特徴やメリット

MT5 iPhoneトレーダーはその名の通り、iPhone対応のMT5ツール。

MT5 iPhoneトレーダーを使うメリットは、外出先などどこにいてもスマホ1台でFXトレードができることかなと。

このMT5 iPhoneトレーダーは、取引に必要な機能もすべて揃っています。

9種類の時間足が表示可能で、30種類のインジケーターによりテクニカル分析ができ、ワンクリック取引も可能なため、スキャルピングにもOK。

さらに、ポジションの評価損益、口座情報、証拠金維持率などトレードに必要な情報はすべて見ることができる。

MT5 iPhoneトレーダーを活用すれば、場所を選ばずに相場の状況確認や取引ができるため、トレードチャンスを逃すことがありません。

ダウンロード方法

マイページのメインメニューから「MT5 iPhoneトレーダー」をクリック。

MT5 iPhoneトレーダーのダウンロード1

そこで「iPhoneへダウンロード」をクリック。

MT5 iPhoneトレーダーのダウンロード2

すると、Apple StoreのMT5ダウンロードページに自動的に移動する。そこでApple Storeからダウンロード。

MT5 iPhoneトレーダーのダウンロード3

ダウンロードが完了したらMT5を起動し、「設定」を選択し、「新規口座」をクリック。

MT5 iPhoneトレーダーのダウンロード4

証券会社の検索画面になるので、「HF Markets(SV)」と検索すればHOTForexが出てくる。

MT5 iPhoneトレーダーのダウンロード5

ここでログインIDとパスワードを入力すれば、自分が開設した口座へのログインが完了し、使用できるようになる。

大西仁
トレードしたいiPhoneでダウンロードしてね(笑)

 

MT5 iPadトレーダー

次は、「MT5 iPadトレーダー」の特徴やメリット、ダウンロードの方法について。

特徴やメリット

MT5 iPadトレーダーは、iPhoneトレーダーとほぼ同様の機能を持っています。

モバイル版でありながら、9種類の時間足表示、30種類のインジケーターによるテクニカル分析が可能。

スマホ版でも場所を選ばずに取引はできますが、MT5 iPadトレーダーの大きな画面を活用すれば、より詳細なチャート分析が可能となる。

ダウンロード方法

MT5 iPadトレーダーのダウンロード方法は、iPhoneトレーダーと全く同じ。

手順もすべてiPhoneがiPadになっただけなので、iPhoneのダウンロードを参照に。

MT5 アンドロイド

最後に、「MT5 アンドロイド」の特徴やメリット、ダウンロードの方法について。

特徴やメリット

MT5 アンドロイドは、アンドロイドスマホ対応のMT5ツール

機能としてはiPhoneトレーダーとほぼ同等の機能を持っており、9種類の時間足表示、30種類のインジケーターによるテクニカル分析が可能。

そんなMT5アンドロイドを使う最大のメリットは、やはりモバイル版でありながら、FXトレードに必要な機能が一通り備わっていることでしょう。

日々の通勤・通学の途中や職場・学校の昼休みなど、ほんの少しの時間があれば場所を選ばずに相場状況の確認やトレードができてしまう。

大西仁
アンドロイドユーザーはこっちだな。

ダウンロード方法

マイページのメインメニューから「MT5 アンドロイド」をクリック。

すると、GooglePlayStoreのMT5ダウンロードページに自動的に移動するんで、GooglePlayStoreからダウンロード。

ここから先はMT5 iPhoneトレーダーと同じ設定手順なので、ここもそちらを参照。

まとめ

さて、HOTForexのMT5についてまとめてました。

基本的にMT4と全く同じなんで、そこまで難しいものではないです。

ただ、MT4と比較して改善された点が多いので、是非MT5を使ってみましょ。

項目 MT5 MT4
動作スピード 速い やや遅い
時間足の種類 21種類 9種類
描画ツール 44種類 31種類
気配値・ナビゲーター わかりやすい ややわかりにくい
アップデートの頻度 多い ほとんどない
EAの種類・数 少ない 非常に多い
カスタムインジケーター 少ない 非常に多い
対応業者 一部のブローカー
(国内業者はゼロ)
多くのブローカー
(一部の国内業者も)
仮想通貨取引
ストラテジーテスター
ワンクリック注文
両建て注文

 

※EAを使った自動売買がやりたい方は、MT4の方がいいのでMT4を使おう。

>>TOPへ戻る